1. Home
  2. Docs
  3. 利用者ガイド
  4. ドメインの変更、独自ドメインのご利用

ドメインの変更、独自ドメインのご利用

ReadyShipで用意しているドメインのご利用について

ReadyShipでは、予めサブドメインを用意しており、そちらを無料でお使いいただけます。また、独自ドメインについても、設定いただくことが可能です。SSL(HTTPS) も含め、追加の料金はかかりません。

下記7つのドメインから、お好きなサブドメインを設定いただくことができます。
*.53go.shop *.b22.site *.aixs.city *.co775.com *.ready.studio *.wwebs.co *.wp-s.biz

例えば、 companyname.b22.site や、 awesome-t-shirt.53go.shop などのお好きな文字列を指定いただくことができます。サブドメインに利用できる文字は、小文字のa-z, 0-9, 半角のハイフンのみで、3文字 – 30文字以内です。

独自ドメインのご利用

独自ドメインを設定したい場合も、プランに無料で含まれています。SSLも無料で提供致します。
設定の流れを下記に記載します。

  1. お問い合わせメールアドレス / もしくはサポートチャットで、設定したいドメイン名をお伝え下さい。
  2. ReadyShipチームにてウェブサイトへの設定を行います。
  3. DNSに登録いただく内容をお伝えいたしますので、DNSの設定をお願い致します。

DNS設定方法がわからない場合、チームよりサポートをいたしますのでご安心下さい ?

Apexドメイン (google.com など) をご利用頂く場合:  Apexドメインと呼ばれる形式でドメインを利用したい場合には、ReadyShipの用意するDNSにネームサーバを向けて頂く必要があります。無料でご利用いただけますが、すでにメールなどでそのドメインを利用している場合は、設定の移行が必要となります。サポートチームが全面支援いたしますので、まずはご連絡をお願い致します。
また、DNSの設定自体は自由に行っていただくことが可能です。
Apexドメインの例: readyship.co
Apexではないドメインの例: www.readyship.co, subdomain.readyship.co

SSL証明書を変更したい場合

ReadyShipで利用している証明書は、 Amazon Web Service の Certificate Manager 上で発行を行っております。
別の機関にて発行されたSSL証明書へ変更することも可能ですので(EV証明書など) その場合はサポートへご連絡をお願い致します。

WordPressから発信されるメールを独自ドメインのアドレスにする

例えば、お問い合わせの自動返信メールの差出人を、独自ドメインのメールアドレスに変更をかけたい場合があります。
お客様ご自身で契約されているメールサービス (Gmailやその他クラウドメールサービスなど) が存在する場合は、そちらを利用いただくことも可能です。
独自のメールサーバを利用する場合には、SMTP設定を書き換えていただく必要があります。 有名なプラグイン WP Mail SMTP by WPForms などを利用し、ご自身で設定下さい。

また、ReadyShipのAWSインフラを利用して設定をすることも可能です。その場合は、サポートチームにご連絡下さい。

Was this article helpful to you? Yes No

How can we help?